【拡散希望】コロナワクチン死、コロナ死を上回りました@日本

【2021年10月1日厚生労働省発表】コロナワクチン被害(死亡者数・副反応)

コロナワクチン

コロナワクチンの死亡報告

コロナワクチンを摂取したことによる死亡事例を、2021年10月1日に報告しましたのでご紹介します。これまで誰一人としてコロナワクチンが原因で死亡したと認められていません。

国はコロナワクチンの被害賠償金を肩代わりすると、ファイザーと契約をしていますが、賠償金を支払いたくないのでしょうか?1000人中誰一人ワクチンとの因果関係を認められないとは、誰がどう考えてもおかしい状態ではないでしょうか。

下記に記載されている死者数は、氷山の一角であると感じています。特にモデルナワクチンについては集団摂取、職域摂取ということで掛かり付け医などとの関係が薄い人たちがほとんど。そのためトレースがしずらいのです。


▷令和3年10月1日開催 (資料はこちら
接種が開始された令和3年2月17日から対象期間の9月12日までに、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチンについて副反応疑い報告がなされ、それぞれの頻度は0.02%(122,789,441回接種中22,712例)、0.01%(23,447,233回接種中2,886例)でした。アストラゼネカ社ワクチンについての報告はありません(29,025回接種中0例)でした。いずれのワクチンも、これまでの報告によって、死亡、アナフィラキシー、血小板減少症を伴う血栓症・塞栓症、心筋炎関連事象、年齢・性別別の解析、武田/モデルナ社ワクチンの一部ロットでの異物混入に関する影響の検討を含め、引き続き安全性において重大な懸念は認められないと評価されました。なお、ワクチンにより接種対象者の年齢や接種会場などの属性が大きく異なるため、ワクチン間の単純な比較は困難です。

死亡例の報告について(資料2-3-12-3-22-3-32-7-1一般社団法人日本循環器学会提出資料

○対象期間までに、ファイザー社ワクチンについて1,157例、武田/モデルナ社ワクチンについて33例の報告がありました。現時点では、ワクチンとの因果関係があると結論づけられた事例はなく、接種と疾患による死亡との因果関係が、今回までに統計的に認められた疾患もありませんでした。

このほかにも、副反応に関する報告も出ていますが、この報告数にもおそらく一部、といった内容でしょう。

アナフィラキシーについて(資料2-4-12-4-22-7-1

○対象期間までに、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチンについて、それぞれの製造販売業者から2,536件(100万回接種あたり21件)、389件(100万回接種あたり17件)の疑い報告があり、そのうちアナフィラキシー(ブライトン分類1~3)と評価されたものは、それぞれ475件(100万回接種あたり4件)、34件(100万回接種あたり1.5件)でした。

心筋炎・心膜炎について(資料2-7-12-7-22-7-3一般社団法人日本循環器学会提出資料

○対象期間までに、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチンについて、それぞれ129件(100万回接種あたり1.1件)、武田/モデルナ社ワクチンについて51件(100万回接種あたり2.2件)の報告がありました。心筋炎関連事象の報告頻度に大きな変化はありませんでしたが、ファイザー社ワクチンでは20代男性、武田/モデルナ社ワクチンでは10代及び20代男性の報告頻度が多く、引き続き報告状況を注視し、最新情報の周知及び注意喚起を行っていくこととされました。

血小板減少症を伴う血栓症について(資料2-5-12-5-22-5-32-7-1

○対象期間までに、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチンについて、それぞれ23件、1件の疑い報告があり、そのうち血小板減少症を伴う血栓症(ブライトン分類1~3)と診断されたものは、それぞれ6件(100万回接種あたり0.2件)、0件(100万回接種あたり0件)でした。なお、対象期間外に、アストラゼネカ社ワクチンについて血小板減少症を伴う血栓症(ブライトン分類1)と診断された1件(100万回接種あたり24件)の報告がありました。

異物混入・使用見合わせロットに係る副反応疑い報告について(資料2-6-12-6-2武田薬品工業株式会社提出資料1武田薬品工業株式会社提出資料2国立医薬品食品衛生研究所提出資料

○特定のロットでの異物混入の影響で、使用を見合わせ回収された、武田/モデルナ社ワクチンの3ロットのうち、異物混入の報告があるロットから金属片が確認されましたが、すべてのバイアルに異物が含まれるわけではないことが示されました。また、異物混入の報告がないロットについても分析がなされましたが、異物は発見されませんでした。当該3ロットは、他のロットと比べて副反応の頻度に変わりありませんが、引き続き報告状況を注視して、慎重に調査検討を行っていくこととされました。

ワクチンの接種が進んでいるイスラエル|ファイザーとの契約書を公開しています。

下記がイスラエルとファイザーで契約しているコロナワクチンの契約書です。

https://govextra.gov.il/media/30806/11221-moh-pfizer-collaboration-agreement-redacted.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。